マイナンバー違憲訴訟原告のブログ

とある原告の視点からマイナンバー制度を考えてみたいと思います。

神奈川訴訟第4回口頭弁論後の報告集会、及び勉強会のお知らせ

第4回口頭弁論後の報告集会は前回同様、横浜YWCAにて開催したのですが、会場が裁判所から少し距離があるんですよね。

東京訴訟のように隣接する弁護士会館で開催されると参加者としては有難いのですが、横浜の場合は弁護士会館の会議室が狭く、参加者を収容出来ないようです。

今回の報告集会は盛況だったのですが、口頭弁論で意見陳述した小林展大弁護士と原告の滑舌が良かったということで、弁護団長である小賀坂徹先生の御機嫌が麗しく、熱弁を奮っておられました。

被告側の国から準備書面が提出されたのですが、まともな反論はされておらず、内容の乏しいものであったことから「なめられている」と小賀坂先生は表現されていましたが、準備書面のコピーに目を通した筆者も同様の感想を持ちました。

続きを読む

マイナンバー違憲訴訟神奈川、第4回口頭弁論

前回の更新から早や1ヶ月を過ぎ・・・レポートが遅くなって申し訳ありません。

言い訳をさせて頂くと、先月から「はやり目」なる眼の感染症を患いまして、仕事が手に着かなくなってしまいました。

これが厄介な病気で感染力が強く、配偶者が先に感染し、潜伏期間を経て筆者も感染したという次第。配偶者は片目だけで済んだのですが、なぜか私は両目とも発症し、眼が使い物にならなくて困りました。

ウイルスがついた物に触るだけで感染する恐れがありますので、特にお子さんのいらっしゃる方は手洗い等、徹底して頂ければと思います。

続きを読む

マイナンバー違憲訴訟東京、第5回口頭弁論

先月18日に東京地裁にて開かれたマイナンバー違憲訴訟東京の第5回口頭弁論ですが、傍聴レポートが遅れて申し訳ありません。

オフィスの移転と自宅の補修工事が重なって忙殺されており、ブログの更新が出来ずにいるうちに5月を迎え、神奈川訴訟の次回期日が迫って参りました。取り急ぎレポートをお届けします。

今回も傍聴人は原告席に着いた原告含め、30名程度でしょうか。このくらいの人数で定着している感がありますが・・・被告席には毎回5名から8名ほどの役人が着席しますが、代理人は男女の2名がいつもの顔ぶれで、他のメンバーが入れ替わっているようです。

続きを読む