マイナンバー違憲訴訟原告のブログ

とある原告の視点からマイナンバー制度を考えてみたいと思います。

マイナンバー違憲訴訟東京、第12回口頭弁論

 今月11日に開かれたマイナンバー違憲訴訟東京の第12回口頭弁論をレポートします。

 原告代理人である瀬川弁護士によると、意見書を提出する予定だった憲法学者の辞退が決まり、万事休すかと思われましたが、新たに2名の憲法学者から意見書を書いていただく目途が立ったとのこと。ひとりは九州訴訟でも意見書を提出された学者さんだそうですが、ご協力をいただいて有難いです。

 当初予定されていた慶応大学の山本教授は辞退される代わりに論文を提出して下さったのですが、かなりボリュームのある内容だそうです。

 意見書の提出が1月末になる見通しなので、来月の下旬に予定されていた次回期日はキャンセルになり、2月25日に次回期日が設定されたのですが、最初から来月の期日には無理があったのではと。

 結審を急ぎたい男澤裁判長の独断で来月の期日が決められたのですが、本人自らキャンセルする結果となり苦笑した次第です。

続きを読む

マイナンバー違憲訴訟神奈川、第9回口頭弁論

 先月の25日に開かれたマイナンバー違憲訴訟神奈川、第9回口頭弁論をレポートします。ここ数回の口頭弁論は傍聴席がほぼ満席になることが多く、神奈川訴訟は活況が続いていますが、今回の裁判は冒頭から分かり難かったように思います。

 裁判長と原告代理人との間で証人申請に関する確認が行われたのですが、やりとりが複雑で聴き取り難く、高齢の傍聴者は困惑されたようです。

 傍聴席にいた筆者の配偶者は司法修習経験者ですが、それでもさっぱり分からなかったとこぼしていましたが、裁判長に近い原告席に着席していた筆者も理解不能でした。

 裁判長は傍聴者に理解出来るように話す必要はないので仕方がないのですが、裁判というものが如何に一般市民から遠いものかということを改めて実感しました。

続きを読む

マイナンバー違憲訴訟東京、第11回口頭弁論

 今月9日に開かれたマイナンバー違憲訴訟東京第11回口頭弁論をレポートします。

 7月に開かれた第10回の裁判を傍聴出来なかったため、今回は気合を入れて臨みました。前回の裁判の時点で12月の次回期日も決まっていたというのが気になったのですが、その理由は裁判が始まってすぐに明らかになりました。

 開廷後に例によって、男澤裁判長が今後の進行をしきりに原告側に詰めてくるのですが、瀬川弁護士によると、学者に意見書の執筆を依頼しているものの本人の都合で遅れており、意見書の提出は目途が立っていないと。次回期日までに間に合わない可能性があると説明したのですが、結審を急ぎたい裁判長は不本意な様子でした。

続きを読む