マイナンバー違憲訴訟原告のブログ

とある原告の視点からマイナンバー制度を考えてみたいと思います。

マイナンバー違憲訴訟神奈川の控訴審、期日未定で延期。

 長らく御無沙汰して申し訳ありません。マイナンバーカードの記事を書こうと思いつつ、この時世だけに情勢が混沌としており、様子見しているうちに月日が経ちました。

 前回の記事で5月末にマイナンバー違憲訴訟神奈川控訴審の期日が入りそうだという情報を書きましたが、その後6月19日に正式に期日が決定し、我々原告・弁護団控訴審に向けて戦闘ムードを高めておりました。

 神奈川訴訟は控訴審における第1回口頭弁論の前に原告集会を開くことを検討していたのですが、コロナ禍により開催は困難になり、12月の決起集会を最後に活動の空白期間ができました。

 緊急事態宣言の解除後、数ヶ月振りに事務局からの連絡で、第1回口頭弁論の傍聴希望者を募るメールが届いたのですが、その数日後に緊急連絡が届いたと思ったら、6月19日の期日が延期になったと。

続きを読む

マイナンバー違憲訴訟東京、判決傍聴しました。

 しばらく更新出来ずにいるうち、新型肺炎が猛威をふるう世の中になってしまいましたが皆様、お変わりないでしょうか。

 筆者は通勤する必要のない身であることが幸いしてか、今のところ健康状態に変わりはなく、仕事に追われる日々を送っております。

 先月の25日に開かれた東京訴訟の判決は行けないだろうと思いきや、スケジュールの都合がついて傍聴に出掛けました。

 判決は予想に違わず(?)神奈川訴訟同様に敗訴、裁判長は直ちに退出し、要旨が読み上げられることはありませんでした。

 足を運ぶだけ無駄だったかと思ったのですが、法廷に神奈川訴訟の原告のお顔がちらほら見られ、神奈川の控訴審が5月下旬になりそうだという情報を小耳に挟みました。

 事務局からしばらく連絡がなく、控訴審が何月に開かれるのか気になっていましたので、早めに情報を得られたのは幸いでした。

続きを読む

マイナンバー違憲訴訟神奈川、控訴審決起集会。

 しばらく放置していた上に、更新が年末になってしまって申し訳ありません。

 この数ヶ月、仕事の都合がつかずに東京訴訟の口頭弁論に足を運ぶことが出来ず、前回の裁判と今月の2日に開かれた最終弁論を傍聴することが出来ませんでした。

 東京は先日の裁判で結審し、来年の2月25日に判決となりましたが、年度末だけに判決期日も裁判所に行けるかどうか見通しが立たず・・・なかなか厳しいですね。

 

 そんな中、17日に横浜で神奈川訴訟の控訴審決起集会が開催され、原告である筆者は遅い時間帯だったのが幸いして参加出来ました。

 ですが、遅れて入場したために冒頭の小賀坂弁護士のお話が途中からしか聞けなかった上に、睡眠不足でウトウトしてしまい、大した内容を報告出来そうにないという。

 控訴審に向けての決起集会ということで満席になるかと思いきや、参加者は60名程だったでしょうか・・・控訴審に臨む原告は総勢180名と聞きましたが。

 一審に参加した原告が230名だったことを考慮すると、180名という数字をどう判断するかとなりますが、あれほど屈辱的な判決を受けての180名ですから、十分な数字ではないかと考えています。

 日本人はお上に弱い国民ですから、裁判所という権威に圧倒されて無力感を覚える原告が少なくないだろうと予想していた筆者にとっては180名という原告数はむしろ意外で、多くの仲間がいることが心強いです。

続きを読む