読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マイナンバー違憲訴訟原告のブログ

とある原告の視点からマイナンバー制度を考えてみたいと思います。

マイナンバー違憲訴訟東京、神奈川の次回期日

違憲訴訟(東京・神奈川)

今年は公私共に多忙でブログの更新に手が回らず、歯痒い思いをしています。

懸案だった確定申告も無事に終わり、書きたい記事は多々あるのですが、まずはマイナンバー違憲訴訟の次回期日をお知らせしようと思います。

東京訴訟の第5回口頭弁論ですが、4月18日(火)の11時から東京地裁にて。

国側から提出された求釈明回答書の不明確な点について引き続き釈明を求めつつ、主張を行っていく予定。神奈川に先行する東京訴訟は次第に核心に迫っているのですが、

国側は終始曖昧な回答で煙に巻こうとしています。

東京訴訟は原告に税理士さんが何名かいらっしゃるらしく、日々業務でマイナンバー制度の矛盾に直面して苦悩しておられるようです。

前回の口頭弁論後の集会では原告である税理士さんが議論を巻き起こし、白熱した集会になりましたが、専門職の方から具体的な事例を伺うのは興味深く、裁判後の集会は一般の方にもお勧めしたいです。 

 

神奈川訴訟の第4回は5月18日(木)の15時30分から横浜地裁にて開かれます。

前回の口頭弁論で裁判長は原告側の主張は概ね出されたと判断し、国側に答弁書を提出するよう求めました。

国が如何なる答弁をするのか注目したいですが、神奈川訴訟では毎回原告の意見陳述が行われますので、次回もどなたかが意見陳述をされると思います。

神奈川は原告が多いだけに人材が豊富と申しますか、様々な職業の方が参加されているので、意見陳述の内容にも特色があって見応えがあります。

筆者は来月の東京訴訟は単独で傍聴する予定ですが、原告である神奈川訴訟は次回も配偶者を同伴する予定。前回の口頭弁論を半ば強引に傍聴させたことで、原告ではない配偶者が多少なりとも関心を持ってくれたようで良かったと思います。

1人では足を運ぶのに躊躇うような裁判所でも同伴者がいれば心強いですし、皆さんもマイナンバー制度に疑問を抱いているお知り合いを誘って裁判を傍聴してみては如何でしょうか。以下に次回期日の日程をまとめましたので、ご検討を頂ければ幸いです。

 

東京訴訟  第5回 4月18日(火)11時~    東京地裁103号法廷 

神奈川訴訟 第4回 5月18日(木)15時30分~ 横浜地裁101号法廷 

  ※ 神奈川は抽選の可能性があります。開廷30分前から並びましょう。

 

 

下記2つのバナーをクリックしていただけると励みになります。

     ↓    ↓


にほんブログ村

 

マイナンバーの厳重な管理に!