読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マイナンバー違憲訴訟原告のブログ

とある原告の視点からマイナンバー制度を考えてみたいと思います。

誰がSMAPを潰したか?

時事問題

ブログの趣旨とは離れるかもしれませんが、いずれ書こうと思っていた国民的アイドルグループ解散についての考察を、今年最後の記事にさせて頂こうと。

筆者は芸能界とは関わりなく関心も薄いのですが、SMAPという稀有な存在に対しては特別なリスペクトを抱いてきました。

看板番組である「SMAP×SMAP(通称スマスマ)」をたまに観る機会があったくらいでファンという訳でもないのですが、SMAPというグループは恐らく日本人にとって、無くてはならない存在であったように思うのです。

普段は意識しておらずとも、彼らの姿をメディアで目にする時、私たちは永遠に彼らがSMAPとして存在し続けると考えてはいなかったでしょうか。

もはや日本という国を象徴する存在だったと表現しても過言はなく、まさに国民的に愛されたアイドルグループだったと思います。

続きを読む

マイナンバー違憲訴訟神奈川、第2回口頭弁論

違憲訴訟(東京・神奈川)

今年の4月からスタートしたマイナンバー違憲訴訟東京・神奈川の裁判記録ですが、辛うじて年内に過去開廷分の更新が追い付きました。

10月4日に開かれた東京訴訟の第3回口頭弁論は海外出張で傍聴出来ませんでしたが、同じく10月の13日に開かれた神奈川訴訟までに帰国しましたので、神奈川の第2回口頭弁論のレポートをお届けしたいと思います。

東京・神奈川とも法廷で次回期日が決められる時はバッティングしないかとヒヤヒヤするのですが、同じ月に期日が決まることが続いています。

東京訴訟の第3回は生憎海外出張中でしたが、幸いにも原告である神奈川訴訟には間に合うよう帰国出来たので胸を撫で下ろしました。

原告となったからには神奈川訴訟だけは自分の目で見届けたいという思いがあり、極力筆者は欠席を避けたいのですが、このあたりが現役世代にはハードルが高く、平日午前中の裁判は傍聴席を満席にするのは難しいようです。

続きを読む

マイナンバーカードがコンビニで利用できる?

マイナンバーを考える

少し前に地元の自治会にまつわる記事を書きましたが、つい先日受け取った回覧板に添付されていた通知を目にして愕然としました。

マイナンバーカードを利用してコンビニで住民票等の証明書が取得出来るようになったとか・・・7月には公表されているようなので、既にサービスを利用された方もいるのかもしれません。

マイナンバー違憲訴訟の原告であるにも拘わらず知らなかったというのもお恥ずかしい話ですが、日常生活で証明書を必要とする機会が無いものですから、回覧板の通知でサービスの内容を知りました。

勤め人の方は役所の窓口が開いている時間に出向くのが難しいですから、このようなサービスで利便性が高まるのかもしれませんが、サービスを利用するにはマイナンバーカードを取得する必要があります。

現在ではカードの交付遅延が解消し、申請から1ヶ月ほどで交付されるという話ですが、それでも1ヶ月掛かるというのですからパスポートの申請より厄介です。

続きを読む